事業案内
  1. »
  2. »
  3. 農園芸資材関連事業

農園芸資材関連事業

農地の減少で減った分の農作物を輸入で補っていると、
日本の農業は滅びてしまう。

jigyou03_p01

季節に関係なく新鮮な野菜が栽培できるビニールハウス。単純な構造に見えるが、日差しの採り入れ方や温湿度の管理などが難しく、品質向上に向けて常に改良が繰り返されています。こうした改良により作物の安定栽培が可能となっているのです。

近年、日本の農業人口は高齢化と後継者不足のため、減少の傾向を見せており、農地が姿を消しています。もちろん、食料は外国からも輸入されているので今のところ不足の心配はありませんが、農業の将来を考えると心配です。
そこで井上ビニールではさまざまな資材を用意しました。
高収穫のためには保温資材としてビニールやマルチを用意。季節に関係なく安定して作物を生産できます。また作業の軽減、効率向上として、出荷用段ボールなどの組立機といった省力化資材なども揃えています。そしてこれら各資材を通じて、日本の農業に大きく貢献しています。

jigyou03_p02

ホームセンターなどで販売されている農園芸用品。農事業容の本格的な用品なので、品質は抜群です。

jigyou03_p03

生産性の向上や作業の省力化を実現する、出荷用段ボール箱のテープ自動貼機。