会社案内
  1. »
  2. »
  3. 沿革

沿革

沿革

昭和27年4月
現本店地にてビニール・ポリエチレン製品類の販売を開始
昭和37年12月
「有限会社井上ビニール」設立
昭和38年3月
農業資材関連の取扱開始
昭和44年1月
資本金を増資
昭和45年10月
群馬県前橋市三俣町三丁目27-9番地に流通倉庫を建設
昭和46年11月
同地内にビニール製品加工所を建設
昭和47年1月
群馬県経済連指定メーカーとなり農業用ビニールの加工工場を増設
昭和48年3月
群馬県前橋市三俣町三丁目11-7番地に倉庫及び管理事務所を建設
昭和49年1月
資本金を増資
昭和49年4月
同地内に三俣店・営業所を新設
昭和50年1月
産業用廃棄プラスチックの再生処理、成形加工を始める
昭和56年6月
群馬県勢多郡粕川村(旧勢多郡粕川村)に工場を建設
昭和60年4月
労働環境改善商品「ビニール製間仕切り」を開発
平成元年6月
農業用ビニールシートの加工、自動ハトメ打機開発特許の取得
平成2年4月
農業用ポリエチレンフィルム・切り込みシート加工・自動巻取り機を開発
実用新案取得、製品の全国販売を展開
「井上ビニール株式会社」に組織変更
平成4年6月
畜産農家の環境対策として驚異的なハエ退治効果を持つ「クリーンネットフェンス」を開発・全国販売を展開
平成6年10月
資本金を増資
平成7年3月
群馬県前橋市三俣町三丁目23-6番地に物流センターを新設
平成10年2月
業務拡張の為、粕川工場増改築
平成16年4月
前橋市粕川町(旧勢多郡粕川村)に指定ゴミ袋保管用地取得 
平成17年11月
農業用POフィルムの加工機導入 
平成18年9月
プラスチック破砕機の導入 成型プラスチックのリサイクルを始める
平成19年9月
物流センター駐車場用地取得 
平成20年6月
粕川工場にプラスチック成形機を新設
リサイクル製品の拠点を粕川工場に統合 
平成22年4月
前橋市三俣町三丁目11-7の隣接地を取得
平成23年8月
 同地を駐車場として整備
平成23年11月
リサイクル成形機に原料自動投入機を設置
平成25年4月
役員変更
代表取締役社長 井上 治 が代表取締役会長に就任
常務取締役 井上 一彦 が代表取締役社長に就任
平成26年10月
前橋市三俣町三丁目11-7の隣接地を取得
平成26年10月
とび・土木工事業の認可を取得
平成27年5月
前橋市三俣町三丁目11-9に新倉庫を建設
 平成30年10月
下記の通り役員が選任され就任いたしました。
取締役会長   井上 治 
代表取締役社長 井上 一彦 
取締役総務部長 井上 裕美 (新任)
監査役     井上  章 (新任)